关于凯发娱乐网址

お問い合わせ

昆山新連織ニット有限会社

連絡先:社長

携帯電話:1395250020

電話:0512 - 57630 cm

ファックス: 0512 - 5763315

ウェブサイト

住所:崑山市開発区昆嘉路438号


綿密な綿の糸の糸の織物の製品は加工して工芸を整えます

あなたの現在の場所: 最初のページ >> ニュース >> 会社のニュース

綿密な綿の糸の糸の織物の製品は加工して工芸を整えます-凯发官方

発売日:2018-08-23 09:13 出典: クリックしてください。

昆山新連紡織のニット会社は、紡績、ニット業界であり、天然繊維、化学繊維、綿糸、毛糸、混紡紗、色紡績、花式紗、その他が含まれています。


カラー綿綿は伝統的な染色加工が必要ではありませんので、それによって作られた色の紗と織物によって残りのホルムアルデヒド、染色化材料助成、重金属などの有害物質が含まれていません。自然復帰の緑の消費を崇めている今日、天然カラーコットン製品は、着ているシリーズの衣装や、皮膚に直接接触したスカーフ、ベッド用品などに使われています。そのため、その製品の生産は必要です:加工過程の中の各工程、各工芸、すべて厳格に緑色の生産を実行しなければならなくて、その製品の“ゼロ汚染”の環境保護の特色を維持して、純綿の織物の柔軟さ、汗を吸い込む、快適で自然な長所を維持しなければなりません。合理的な整理加工によって、抗菌、防縮などの機能を持ち、カラー綿製品の付加価値を最大に高める。


製法


白地の布の品種は2色の花のメリヤスの布:18テックス(32本)/ 1ブラウン綿、18テックス(32本)/ 1白綿。


工芸の流れ:白地の布→焼き毛→練り→乾き→ひかり→水洗い→超可湿拡張→乾燥→開幅→整理液→定形→予縮→検査→包装


毛を焼く


毛を焼くのは布面の毛羽を取り除くために、生地の光沢を高めます。デバイスは、ドイツのlindauer - dornier社のsxの円筒のニットを使用しています。この機は円筒形のニットを十分に広げ、織物コイルを均一に開いて、表面の毛羽を取り除くだけでなく、ガーゼとガーゼの間の毛羽を取り除き、生地の光沢を高めることができる。


精進する


コットン繊維の不純物の含有量は、普通の白綿の2~5倍になるので、精進を強化し、綿花の殻や雑質などを取り除き、コットンの天然色を十分に見せる。注意が必要なのは、アルカリ剤、作業液ph値、作用温度、時間条件の下で、カラー綿製品の色が大きく変化することがあります。ph値が7時より小さい場合、色は黄色になります。ph値が7より大きい時、色は青になります。小式試験によって精進技術を確定し、生産試験を経て精進技術を確定する。筒状のニットが常に縄状に加工されているため、精錬した設備は常圧充流噴射機を選択します。この装置は、高圧噴射の作業液から織物を循環移動し、作業液と織物を十分に接触し、精進効果を確保する。精進して完成した後に、十分な水洗いをして、織物を良好な吸水性にして、後道の糸の光の整理の際の浸透効果を保証します。立式筒状の乾燥機の上で熱風が緩んで乾燥することを行って、織物をできるだけ小さい張力の下で乾燥させることができて、その自然は縮めることができます。


光の光


糸の加工は、織物の光沢を高め、生地のサイズの安定性を得ることができます。糸はdornierの円筒の糸の光の機の上で行います。


水を洗う


光光の後の水洗いは、ヒカリを取り除くために、織物を中性にして、生地の光沢を保証します。酢酸で中和する時、シリンダー内の作業液のph値が6~7の間にあることに注意します。水洗い終了と同様に、シリンダー内の作業液のph値が7~7.5の間にあることに注意し、色を保つことで安定して安定します。特に大ロット多鉢の生産時には、お客様が石鹸に対して堅牢を洗うということを要求している場合は、無甲アルデヒド固色剤でブラウンコットンの固色処理を行うことが考えられます。その後の乾燥は依然として立式筒状の乾燥機で緩めて乾燥しているが、機械の離脱後に水が乾く前には、拡幅機の上で1回の超アーム拡大幅を行う。その目的は、編物を横にして伸縮させることで、縦にいくつかの回り取りを生じさせることで、先の工程を可能にした縄状の加工による縦引伸ばしを可能にし、生地の最終的な縮水率を下げることに役立ちます。


定形加工の主な目的は、生地を一定の扉幅とグラム重を持ち、比較的な縮水率、布面スタイル、手触りなどがあります。また、抗菌・収縮などの整理を行い、製品の付加価値を向上させることも可能です。熱風拉幅式の定形機を採用して、定形の前に液を整理します。定形技術は表4に示されている。


生地抗菌性能に良い持続性を保証するために、圧延液に適量のアクリル酸類の接着剤を加えることも考えられる。その使用量は普通5~7 g / lで、高すぎず、量が高いと生地の手触りなどに影響を与える。日に日焼け止めを求めているお客様に対しても、紫外線の整備を防ぐことができると考えられます。定形の後に、生地の縮み率をさらに下げるために、メリヤス予縮機で機械の予縮整理を行うことができます。そのプロセスの流れは、先の短距離のアフレコで、次に蒸気が濡れて、それからゴムの毛布が収縮して整理して、最後には、タオルの整理をします。


関連タグ:

最近見た

関連商品

関連ニュース